東京都・神奈川県周辺の空き家管理ならP・H・C(プレシャス ハウス)

空き家管理及び空き家活用ならお任せください。一日100円で大事なご自宅をあなたに代わって見守ります!

  • プレシャス ハウス
  • プレシャス ハウス
  • プレシャス ハウス
  • プレシャス ハウス

HOME ≫ 豆知識

豆知識

【空き家対策特別措置法】
①倒れる恐れがある ②衛生面で有害 ③景観を損なっている ④周囲の生活環境に影響を与えている。という問題がある空き家を「特定空き家」とし、持ち主に取り壊しや修理をするように自治体が指導、勧告、命令できるようになった。従わないと、土地への固定資産税の優遇をなくして増税したり、自治体が強制撤去したりすることも可能になる。固定資産税の納税情報を利用することで空き家の所有者も把握しやすくなった。(2015.6.30 朝日新聞長官 長野東北信・1地方)

【旅館業法】
元々、昭和23年7月12日に制定された法律だが時代の変化と共に何度も改正されている。この法律で旅館業とは「ホテル営業」「旅館営業」「簡易宿泊営業」及び「下宿営業」を言い、昨今の「民泊」については該当していない。
旅館業法は、都道府県知事等の許可が必要であったり、該当する建物の100メートル以内に学校や児童福祉施設がある場合は許可されない等、多くの規制がある。
仮に無許可で営業した場合は、6か月以下の懲役または30万以下の罰金が課される処罰を受ける。
しかし、時代の変化や2020年のオリンピックを控え、外国人旅行者が急増している現在、大田区や大阪府が民泊を認める条例を制定する動きや国も旅館業法の改正の必要性を唱える動きが出ている。

【特定空き家と認定されたらどうなる?!】

行政から助言・指導が入る。

指導に従わなければ勧告され、その時点で固定資産税の優遇措置が解除され6倍となる。

それでも従わなければ命令罰金50万となる。

それでも従わなければ戒告された後、行政代執行により建物が取り壊され後日解体費用が行政から請求される。

【防犯の意識を高めよう】

最近の侵入犯罪は一軒家だけではなく、マンションもターゲットになっています。しかも、低層階だけではなく高層階も被害にあっています。
侵入する時間帯も夜間だけではなく、白昼堂々とスーツを着て侵入する者もいます。

手口は、ガラス破りがトップで、無施錠、施錠開けの順に多いです。玄関の明かり取り、パルコニーや掃き出し窓のガラスを割り、開錠して侵入するケースのほか、ゴミ出しなど短時間の外出のため、鍵をかけなかった事により、侵入されるケースもあります。

施錠開けも色々な手口があり、「ピッキング」「バンピング」「サムターン回し」「ドリリング」「鍵穴壊し」などがあります。「ピッキング」は、ピッキングされない鍵でないと数10秒であけられてしまいます。

対策としまして、窓や扉の強化をします。扉の鍵は二つ以上が基本です。鍵も防犯性の高い鍵を取り付けましょう。
窓は、合わせガラス、面格子、補助鍵等を利用し、簡単に開けられないように強化しましょう。
プレシャス ハウス

空き家・民泊サービス

TEL: 03-6356-7367
FAX: 020-4667-3714

モバイルサイト

P・H・C(プレシャスハウス)モバイルサイトQRコード

P・H・C(プレシャスハウス)モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • gooブログバナー
  • 東京商工会議所バナー
  • 0000399230.jpg